保険代理店一覧 採用情報
logo
住所
〒278-0022 千葉県野田市山崎1205-36
電話番号
04-7121-2626
FAX
04-7121-2627
メールで各種ご相談
ハウス・デポ・パートナーズ facebook twitter mixi

HOME > 最新情報 > 住宅ローン最新金利情報 > ハウス・デポ「フラット35」 令和元年9月の金利

最新情報

< 「住宅を決める前に予算を決めよう!」住宅ローン無料相談会予約受付中!!  |  一覧へ戻る

ハウス・デポ「フラット35」 令和元年9月の金利

ハウス・デポ「フラット35」の今月の金利情報をお伝えします。

融資比率90%以下
新機構団信付き   20年以内  1.05%   21年以上  1.11%

融資比率90%超
新機構団信付き   20年以内  1.49%   21年以上  1.55%


今月も金利下げてきましたね。また、90%以下と超の金利差も少なくなっております。

長期固定金利でここまで金利が下がると、借換えの需要も出てくるのでは・・・。リフォームをお考えの方は、是非、住宅ローン本体の見直しもお考えになっては如何でしょうか?
 

カテゴリ:

< 「住宅を決める前に予算を決めよう!」住宅ローン無料相談会予約受付中!!  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

ハウス・デポ「フラット35」 令和元年8月の金利

ハウス・デポ「フラット35」の今月の金利情報をご案内致します。 

融資比率90%以下
新機構団信付き   20年以内  1.11%   21年以上  1.17%

融資比率90%超
新機構団信付き   20年以内  1.55%   21年以上  1.61%

先月比0.01%で僅かに下がりました。

住宅ローンの金利だけでは判断できませんが、やはり長期的に見て、あまり景気は良くなさそうですね。
 

ハウス・デポ「フラット35」 令和元年7月の金利

ハウス・デポ「フラット35」の今月の金利情報をご案内致します。 

融資比率90%以下
新機構団信付き   20年以内  1.12%   21年以上  1.18%

融資比率90%超
新機構団信付き   20年以内  1.56%   21年以上  1.62%

今月は下がりましたね。0.09%も下がりました。これだけ急に下がることは珍しいと思います。

今月、「フラット35」を借入できる方は幸運だと思います。

ハウス・デポ「フラット35」 令和元年6月の金利

ハウス・デポ「フラット35」の今月の金利情報をご案内致します。 

融資比率90%以下
新機構団信付き   20年以内  1.21%   21年以上  1.27%

融資比率90%超
新機構団信付き   20年以内  1.65%   21年以上  1.71%

先月から0.02%下がりました。21年以上の借入期間、融資比率90%以下の借入で「フラット35S」を使えば、当初5年または10年間1.07%。

もうすぐボーナス時期ですね。私にはボーナスはございませんが、会社勤務の皆様は期待していることと思います。

最近、新聞広告をみると、「ボーナスセール」という見出しが多くなっているような気がしますが、10年前と比べると、その見出しもだいぶ少なくなったような気がします。

そもそも、広告の量が減ってますよね。ネット広告に切り替えたことも要因の一つかもしれませんが、「ボーナスセール!」よりも「ポイント還元セール!」が目につくこの頃です。

 

ハウス・デポ「フラット35」 令和元年5月の金利

ハウス・デポ「フラット35」の今月の金利情報をご案内致します。 

融資比率90%以下
新機構団信付き   20年以内  1.23%   21年以上  1.29%

融資比率90%超
新機構団信付き   20年以内  1.67%   21年以上  1.73%

令和元年を迎え、なんとなく景気が良くなりそうな気配もあるような・・・。しかし、住宅展示場を見ても関東地方では入場者が少ないような気がします。
ここのところ暑いので、お体には十分お気を付け下さい。更新が遅くなって、申し訳ございませんでした。
 

ハウス・デポ「フラット35」 平成31年3月の金利

ハウス・デポ「フラット35」の今月の金利情報をご案内致します。 

融資比率90%以下
新機構団信付き   20年以内  1.22%   21年以上  1.27%

融資比率90%超
新機構団信付き   20年以内  1.66%   21年以上  1.71%

前月から金利が下がりました。

消費税増税前の駈込み需要の影響は少なく、景気は良くないままですが、住宅を購入する人にとっては、金利が低くて良い時代ではないかと思います。

大手企業の業績は良いようですが、小規模零細企業の売上や利益率は悪化傾向にあるように見受けられます。


小企業や零細企業の収益力を高めるための税金対策や借入対策にも力を入れてもらうと、若い経営者も安心して仕事に打ち込めるのではないかと思います。
多く多く 

このページのトップへ