保険代理店一覧 採用情報
logo
住所
〒278-0022 千葉県野田市山崎1205-36
電話番号
04-7121-2626
FAX
04-7121-2627
メールで各種ご相談
ハウス・デポ・パートナーズ facebook twitter mixi

HOME > 最新情報 > アーカイブ > 2013年11月アーカイブ

最新情報 2013年11月アーカイブ

千葉県内のハウスメーカーや工務店との業者提携を増やしております。

茨城県内の工務店やハウスメーカーの各支店と業務提携をさせていただいておりますが、地元千葉県内の業者様との業務提携が少ないため、業務提携を進めたいと思います。

業務提携の主な内容は、住宅ローン取次業務、住宅ローンセミナーや相談会の開催、当社ホームページWEB展示場への掲載等があり、将来的には工務店同士の情報交換の場にもしていきたいと思っております。

我々にとって仕事の喜びとは、工務店やハウスメーカーからご紹介いただくお客様の笑顔を見ることが一番の喜びです。仕事の達成感を味わえます。また、お客様との信頼関係は仕事をしているときだけではなく、業務が終了した後もいろいろな相談がきます。昨日は年金に関する相談もきましたし、別のお客様は住宅ローン取次業務を終わったかたが、親の相続を気にしてアパートを建築する際のメリットとデメリットを聞いて来たりと、一つの結果から更に大きな計画に進展することもあります。内容によっては、当社顧問の税理士や提携関係のある司法書士、社会保険労務士、測量士、土地家屋調査士等をご紹介させていただいております。

お客様の感動を得ることで、我々も喜びを得ております。

景気が上昇基調にあると言われておりますが・・・

日本の景気が上昇傾向にあると言われておりますね。東京モーターショーも今年はスポーツカーの出展が多いようで、若者への車購入意欲を掻き立てようとしていることが伺えます。

さて、消費税増税による住宅購入希望者の囲い込みも一段落し、現在は次の話題である相続税控除額の減額ですが、税理士や司法書士を講師に招き、セミナー等も活発に行われるようになりました。これから更に活発化することでしょう。

今日のテーマに戻りますが、最近相談に来たお客様にいろいろ話しを聞くと、予算にあった住宅を購入したいということで、一番先に資金計画に来られた方がいらっしゃいました。通常は購入する物件を決めてから資金計画に来られる方が多い中、いくら借り入れできるかを相談しに来たことは正解に近いと思います。

正解はいくら借り入れできるかではなく、いくら返せるかから借り入れ可能額を算出し、無理のない返済計画を立ててから、予算にあった住宅を購入することが望ましいと思います。

宝くじで3億円当たったら、予算を立てずに物件を見に行ってもいいと思いますが、借り入れで住宅購入を検討されているかたは、購入後に毎月返済しなければならないことをお忘れなく・・・。

名古屋出張中でも住宅ローンの相談業務が入ってきます。

現在、名古屋出張中ですが、住宅ローンの相談業務が入ってきているのと、出張から帰ってからのお客様や業者様とのアポイントをとることで大忙しです。年末も迫っており、年内に住宅の引き渡しを済ませたいお客様や3月の年度末に完工したいお客様のコンサル業務で追われております。

出張から帰ってからが、大変な毎日になりそうです。。。

モーゲージプランナーとしての活動から業務が忙しくなっております

季節的な要因もあると思いますが、住生活総合企画の業務は多忙を極めており、住宅ローンの相談だけではなく、高齢者の賃貸住宅建設の相談にも及んでいる状況になってきました。

住宅ローンに関しては、住宅ローン借換えの相談業務から新規購入の初期相談、そして相続税対策としてのアパート建築相談、病院の建築資金相談等、相談内容は様々です。

信用金庫に在職しているときには、住宅ローンだけではなく事業ローンの融資を中心に業務をおこなっておりましたので、今、その経験が活かせていることになりますが、昔のブローカーが人脈を使って国や民間金融機関から融資を出させることはやってはいけない行為であると思います。しかし、事業計画をしっかり作成し、返済できる可能性(自信)を充分ヒアリングしながら、事業計画を作成することで、無理のない計画を作成することができるのではないかと思います。

住宅ローンも一緒ですね。住宅ローンの相談に来られたお客様で、「いくら借り入れできるか?」という相談が良くありますが、「毎月いくら返せるのですか?」と聞くと、だいたいのかたが、今支払っている家賃程度ならとおっしゃいます。銀行が「あなたに1億円貸すので、すべて使い切って住宅を建築してください。」と言われても、専用住宅では一切稼げませんから、きっと返済できなくなるでしょう。

住宅ローンは特に長期に渡る返済になります。お近くのモーゲージプランナーにご相談下さい。

保険会社でもライフプランを取り入れたコマーシャルが出てきましたね

最近、外資系保険会社のテレビコマーシャルでもライフプランから必要保障額を算出するというものがありますね。

保険料の無駄を省きましょうということですが、そもそもライフプランは各世帯によっても、その時の将来の希望等によっても異なります。更には、設計者によっても変わります。

設計する方が年金や保険、教育(学費)、住宅ローン等についての知識がないと、いい加減なものになってしまいます。

なお、ライフプランを作成する年齢によっても変わります。よって、ライフプランは見直しが必要です。ライフプランを見直すということは、保険の保障額も変わりますし、貯蓄の方法も変わります。ライフプランをこまめに見直しましょう。。。

相続のセミナーや相談会の話題が増えてきました

平成27年1月から相続税の基礎控除額が現在よりも4割下がるため、相続税の納税額が増えることになります。

消費税増税の話題も一段落し、これからハウスメーカーや工務店等では相続税対策の話題になっていくことでしょう。

そもそも相続税の基礎控除額を下げたのは、不動産オーナー等の年配者に対し、持っているものは若い世代に使ってもらわないと、経済が活性化しないのでとった対策と思います。少なくとも私はそう思っております。

住宅ローンのコンサルをしていると、工務店やハウスメーカーの営業担当者から相談を受けた際に、住宅ローンが通らなかったお客様の申込書を見せていただくこともあります。そこには自己資金ゼロの数字が記載されております。しかし、お客様に直接面談して自己資金のことを尋ねると、初めから自己資金を出すつもりだったという回答が得られます。

このギャップは何のか?ハウスメーカーの営業担当者に話しを聞くと、お客様に自己資金いくらあるのか聞くと、「ない」と言われてしまうということです。これは、初期の段階でハウスメーカーの営業担当者がお客様に聞いたことであり、お客様は自己資金があると言うと、目の色を変えて営業してくるから、ただ構えているだけなのです。

資金計画の段階で、もっと突っ込んだ話しをしていれば、自己資金も用意することを考えることでしょう。

資金計画って重要ですよね!

千葉県で無料住宅ローン相談会と相続税対策セミナー同時開催中

本日は柏住宅展示場にて、住宅ローン相談会と相続税対策セミナーを開催します。

住宅ローン無料相談会も2年以上継続して月1回開催させていただいており、お馴染みになりましたので、今回は特別に千葉県税理士会政治連盟会長の富澤先生を招いて、相続税対策セミナーを開催します。

平成27年1月から相続税の基礎控除が変わるため、今からの対策が必要になるかたもいらっしゃるかと思います。あと2時間後に始まるセミナーが楽しみです。無料でセミナーを聞けるチャンスは少ないと思います。

また、これから住宅を購入される方で、親御さんの土地を有効利用することも考えにあるとすれば、セミナーに参加されることでメリットが感じられると思います。

お近くのかたは、是非、お立ち寄り下さい。

1

« 2013年10月 | メインページ | アーカイブ | 2013年12月 »

このページのトップへ